伝統工法 木組みの家

長い歴史の中で育まれた伝統の家づくりを

伝統工法の家とは

国産材を使って、職人が伝えてきた技術を大切にしながら家づくりをすること次の世代に生きた形で継承していくこと、家づくりは「地場」産業で、地元の山で、地元の木で、地元の風土にあった木の家を建てる。少し前まではそれがあたりまえだったのですが、それが今では、難しくなっています。

家づくりの現場には安価で使いやすい新建材が入り込み、下地に木を使うとしても、その木がどこから来るのか、気にもしていません。職人の技術も、効率優先で技術を発揮させる必要のない仕事が多く、大工が木を吟味し、昔からの知恵を活かし技術を発揮する、木組みで建てる機会があったとしても、そこに法律の壁が厚くたちふさがります。
高度経済成長期に早く安く住宅を大量生産する必要があって構法の簡略化がはかられたこと、木材輸入の自由化、住宅メーカーや建材メーカーの台頭など、さまざまな要因があると思います。

昔ながらの工法

災害に強く 環境に優しく

精度のある刻みで

効率を優先にしない職人技

福島建設の木組みへのこだわりを

(有)福島建設では国産材で昔ながらの職人の知恵と技術を活かし先人に恥じぬよう、精度のある刻みでお客様に満足して頂ける伝統工法の家作りをしています。金物に頼らず木組みで、しっかりとした自然災害に強く、環境にも優しく、何より住むお施主様に優しい家、国産材無垢材の健康で新建材を使わない家も手掛けております。

有限会社福島建設は
「一般社団法人 職人が作る木の家ネット」の会員です。

有限会社福島建設

  • 大里郡寄居町用土3885-2
  • 0485 84 3273‬
  • 0485 84 6202
  • 埼玉県知事 許可(般-29)第4956号
  • 営業時間  8:00~18:00
  • 休業  祝日、日曜
  • 建築工事業 大工工事業 屋根工事業
     タイル・れんが・ブロック工事業 内装工事業

Copyright ©  有限会社福島建設 All Rights Reserved. 

Total Page Visits: 4 - Today Page Visits: 0